転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

3月12日高値に迫る

 昨日の東京市場は、習近平中国国家主席の講演を好感し連騰となりました。日経平均は一時2万1933円高値まであり3月12日ザラ場高値(2万1971円)に迫りました。日経平均好転にはこの高値を抜けて上値切り下げトレンドが転換せねばなりません。しかし、毎日悪材料が出てくる割には打たれ強くなってきました。

上昇開始のシグナル

 一昨日は日経平均の10日線と200日線が今年初めてゴールデンクロスしましたが、10日線と25日線もゴールデンクロス寸前です。週足チャートは底値から今週で3本連続陽線で上げてきており、このまま確定すると三兵行進のより上昇開始のシグナル点灯です。一目均衡表では先週金曜日に転換線と基準線がゴールデンクロスを示現。昨日は遅行スパンが日々線を上抜けてきました。

押し目を積極的に仕込む

 2万2040円近辺から2万2500円近辺までは分厚い雲がありますので、暫らくはまだレンジ取引が続くものと思われますが、押し目は積極的に仕込んでいきたい局面です。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket