転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

小型株を中心に見る

 昨日の日経平均株価は3日続落となりました。先週から株価は上昇しても売買代金が減少しているとして、東証一部よりマザーズなどの新興小型株に注目としていましたが、昨日の売り仕掛けの影響で日経平均は一気に25日線を割り込んでしまいました。ただ、マザーズ市場、ジャスダック市場はまだ25日線の上で推移しており、やはりここは小型株を中心に見ていくところでしょう。

2万2000円近辺は硬い

 日経平均は25日線や一目均衡表・基準線を割り込んできたことで、今年3月安値から5月高値の上げ幅の38.2%押し水準となる2万2000円近辺を目指しているものと思われます。75日線が2万1900円近辺を走っており、この辺りの下値は硬いのではないかと思われます。

ドル円は108.80円

 日経平均同様に8週連騰したドル円も109円台前半円高が進行し、25日線(109.60円)を割り込んできました。一目均衡表における基準線は109.27円です。28日に一目の雲が捻れます。こちらは38.2%押しが108.80円です。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket