転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

日足は陽線形成

昨日の東京株式市場は反発となりました。28日のNY市場が急落したことで下放れスタートとなりましたが、上海市場が中国政府の政策期待などで下げ渋ったことから先物に断続的に買い戻しが入り、日足は陽線形成となりました。売買代金も少し増加し、2兆円超となりましたが、上値を追いかけるほどの力強さも見られません。

NY75日線回復できるか

NYの主要3指数が28日の下落で揃って75日線を割り込んできました。また、先週金曜日(25日)の上放れの上髭陽線に対し、28日は下放れとなり、25日を中心に両サイドに日足の窓が空くアイランドリバーサル形状となっており、この窓を埋めて再度75日線を回復できるのかどうかが重要です。

NY戻り一杯なら厳しい展開

NY市場は最大分岐点に差し掛かっているという見方であり、ここで戻り一杯となるならば、2月相場では再度厳しい展開が予測されます。

日々勇太朗

参加費無料2月2日(土)創刊3周年記念!株式セミナー in大阪 参加申し込み受付中!




株式情報と相場見通し

Pocket