転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

レンジ相場に戻る

昨日の東京株式市場は続伸し、2万1700円台を回復してきました。5日移動平均線が上向きに転じ、20日移動平均線とのミニ・ゴールデンクロスが視野に入ってきました。これで7月1日に上放れて以降のレンジ相場に戻った訳ですが、ここを更に上に突き抜ける力がなければ失速の可能性もありましょう。7月2日高値の2万1784円高値から7月18日安値の2万0993円の下げ幅に対し95%戻しを達成。

出来高、売買代金増加望まれる

一方、TOPIXは1575ポイントまで戻してきましたが、こちらは7月5日高値が1593ポイントから、7月18日安値の1531ポイントまでの下げ幅に対し72%戻しと日経平均に比べて出遅れています。高値抜けには出来高、売買代金の増加が望まれるところです。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket