転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

上値切り上げるサイン

 昨日の東京株式市場は6日続伸となりました。昨年11月22日から12月3日までの7日続伸以来の連騰です。この時は60日移動平均線まで上昇しましたが、抜け切ることが出来ずに、その高値が年末に向け急落する起点となりました。今回は60日線をクリアしており、5日線と60日線がゴールデンクロスしてきました。同様のケースは今年2月半ばにもあり、4月高値まで上値を切り上げるサインとなりました。

配当目的のバリュー株

 この2日間はTOPIX主導の上昇です。NT倍率が6日の13.81倍から13.71倍に低下しました。20日線や60日線を割り込んできました。NY市場でもバリュー株が急速に巻き返しており、成長株が低迷しています。9月中間決算前ということもあり、配当目的のバリュー株投資が活発化しつつあるのかもしれません。今週末はメジャーSQ、来週は米FOMCです。ここよりは押し目待ちで高値を追わないことが肝要かと考えます。




株式情報と相場見通し

10月26日株式セミナーin大阪 大阪メトロ長堀橋駅から徒歩1分

Pocket