30日の東京市場(大引け)続落、日経平均は前週末比123円06銭安

東証|企業速報 証券市場新聞
目次

30日の東京市場(大引け)続落、日経平均は前週末比123円06銭安

 30日大引けの東京市場は続落、日経平均は前週末比123円06銭安の2万1755円84銭で引けた。トランプ政権が米証券取引所に上場する中国株の廃止を検討しているとの報道を受け先週末のNY市場が下落したことを嫌気、配当に絡んだ買い一巡し、後場に入ると持ち高調整の売りに210円超に下げ幅を広げる場面があった。
 個別では大塚HD、KLab、サインポスト、エストラスト、明和産、三益半導体、関西電力は値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGや武田も安い。半面、コロプラとGameWith、オルトプラスがストップ高、日本エンタ、ランド、北国銀は値上がり率上位に買われ、エムスリー、スクエニHDも高い。

株式情報と相場見通し

10月26日株式セミナーin大阪 大阪メトロ長堀橋駅から徒歩1分

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる