転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

手掛かり材料難の一日

 昨日の東京株式市場は小動きに終始しました。前日のNY市場が休場だったことで市場参加者は少なく、また、経済指標の発表も少ないことから手掛かり材料難の一日となりました。13時過ぎに日銀総裁の「物価目標の達成に必要なら追加緩和を検討」とのコメントが流れ、瞬間、円が売られましたが、大きな流れにはつながりませんでした。

ダマシの可能性も

 移動平均線では5日線と75日線がゴールデンクロスを示現。日足ローソク足は陽線が2つ並びました。一般的に上放れた同位置での陽線並びは「並び赤」という強気の買い線が出現。本日、上寄りすると大上げの前兆という形となりました。ただ、閑散な相場の中でのことであり、ダマシの可能性もありますので、注意深く見ていく必要がありそうです。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket