転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

窓を空ける急落

 昨日の東京株式市場は3日続落となりました。日経平均は2万1875円から2万1639円に窓を空ける急落で60日線を割り込みました。TOPIXは1595.57ポイントから1581.15ポイントに窓を空ける急落で、60日線はおろか100日線や13週線、26週線をも割り込む厳しい状況に追い込まれました。

TOPIXは尋常でない傷

 中国製品に対する制裁関税を引き上げるとしたトランプ米大統領の発言が「ブラフ」であり、米中貿易交渉が10日までに一転合意に至るとすれば急速に戻す可能性はありますが、TOPIXの傷は尋常ではなく、仮に合意・急騰となっても戻り売りとなりましょう。

日々勇太朗




株式情報と相場見通し

Pocket