転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

日経平均2万3092円の攻防

先週の東京株式市場は続落となりました。水曜日には2万3092円まで売られ、昨年9月底打ち以降初めて5日線と25日線がデッドクロスしました。翌日は大幅反発しましたが、25日線回復には至らず週末には反落。今週は2万3092円を守れるかどうかが注目点です。割り込んだ場合はデッドクロスとなり、75日線(2万2760円)近辺までの下げも視野に入れねばなりません。

昨年9月安値から22週でボトムアウト?

2015年10月安値以降、日経平均には19週~23週間隔のサイクルボトムが認められます。昨年9月安値から22週が経過しました。ここでボトムアウトとなるのかどうか。一方、NYダウはブラックマンデーの安値からリーマンショック直前高値までの上げ幅を2倍した2万6600ドルまで上昇後、5日線を割り込む下落となりました。こちらは2万6028ドルを割り込むと二段下げとなります。
日々勇太朗




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket