高野恭壽|高さん 証券市場新聞

逆行高銘柄に乗る作戦も【高野恭壽の相場指南】

日経平均は主力系、材料系を問わずもみあいゾーンから下っ放れて22700円を割りこむところまで下落しました。すでにこのような下げは予想して警戒すべきことを再三、申し上げていました。利益確定あるいは手持ち銘柄の部分的な整理をされていた方にとっては買い余力を積み上げて更に、下げる場面では買いのチャンスになるとみられます。ほぼ全面安の中でも値を維持あるいは上値を追う銘柄もいくつかみられており、そうした逆行高銘柄に乗る作戦も悪くはありません。あるいはすでに高値を付けた後、調整を進めていた銘柄の押し目を拾うのも一策です。
 一気に、200円を超す下落になったのですが、来週には月末接近や先物の影響から更に、調整が進む可能性があります。下値のメドを22500?22700円とみていましたが、22500円辺りまでの水準を見ておく必要がありそうです。




相場見通し

 

銘柄の詳細は下記サイト(有料)まで。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket